カップル

室内でも引き起こす可能性がある夏バテ|体温調節や食品で対策

野菜不足を解消する

青汁

人気になった理由

野菜不足の現代人にとって青汁は気軽に野菜不足を解消できるとして近年人気になっています。青汁というと青臭いとか飲みにくいといったイメージを持つ人が多かったけれども、最近の製品は野菜の栄養成分はしっかり確保しながら、飲みやすさに拘った製品も多く発売されるようになっています。当初販売されていた青汁は、冷凍保存する製品が多くて保存するのに冷凍庫を占有してしまったり、持ち運びが不便といった問題がありましたが、それら問題を解決した粉末タイプやフリーズドライタイプの商品が販売されています。多くの健康食品がコンビニエンスストアやドラッグストアで販売されていますが、青汁は多くのメーカーが参入していて、消費者のニーズに従った製品を選ぶことができるのも人気のひとつになっています。

共通の特徴

青汁が販売された当初はケールが原材料の主流でした。今では大麦若葉や明日葉など多くの豊富な栄養素を含んだ野菜を使った青汁が登場しています。大麦若葉を原材料として使った製品は青臭さがほとんどなく飲みやすかったり、明日葉は他の原材料と比べて抗炎症作用が強いといった特徴はありますが、どの原材料を使っても青汁には食物繊維が豊富な特徴があります。食物繊維には水溶性の食物繊維と不溶性の食物繊維がありますが、青汁には水溶性の食物繊維が特に豊富です。水溶性の食物繊維は腸内環境を改善して便秘や便通を良好にする効果があります。また、糖質の吸収を抑えて、コレステロール値を下げる効果もあるため、ダイエット効果や生活習慣病の予防にも効果が認められています。